ちょっと一杯と彼氏に圧力 

 

今日は京都駅にお兄ちゃんと買い物に出かけていました
早く帰って晩御飯を作らないといけないんだけど
ちょっとその前に・・

P1250030.jpg

駅の近くの貝バルへ寄りました

P1250031.jpg

お店の前にはおいしそうな貝のメニューが一杯です

P1250013.jpg

ここに来た目的は・・

P1250018.jpg

新鮮な牡蠣が食べたかったんです
これはそれぞれ産地の違う三種盛りです
左から宮城県 三重県 長崎県産です

P1250016.jpg

ここはやはり白ワインですよねっ

P1250026.jpg

オリーブオイルとレモンで頂きました
まろやかで甘味があって美味しい!
また今度ゆっくり食べに来たいです


今日昼過ぎにみるくの散歩から帰って来たら
うちの前の私の車が停まってる・・
お姉ちゃんが買い物で私の車を使ってたみたい・・なのはいいんだけど
運転席に彼氏が・・はぁ?
お姉ちゃんは荷物を置きに家の中に入ってて彼氏ひとりだけ
この後デートが続くようで・・
(向こうは私に気付いていません)

実はデートの度にしょっちゅう門限を破るのが気になってたワタシ・・

・・・むふ いじめてやろう・・

運転席の窓をコンコン
(彼氏 私の顔を見て何かを察して固まっています)
私がゼスチャーで「ウィンドウを下ろしなさい」第一波の圧です

初めまして ○○○の母です
(彼氏軽く動揺してます)
「いつも娘がお世話になってます」ニッコリ
彼氏「あ・・いや・・こちらこそっ」

「で 何であなたが私の車を運転してんの?」ジロッ
ここで第二波の圧
彼氏完全に固まっています 笑
「安全運転でお願いしますねっ」にっこり
彼氏「ああっ・・はいっ!」

ここでぐっと顔を近づけて間合いを詰めて・・
「うちの家には一応門限があるのよ そこんとこ宜しくね」
にっこり第三波の圧です
彼氏の何とも言えない焦ってる笑顔 可愛いわー

私何も悪い事はしてませーん 
二人に幸あれ 笑



にほんブログ村

いつもありがとうございます

category:

△top